EDステータスにはなるものです

セックスとはセクシュアルコミュニケーションのこと

筋肉の使い方は主動筋を使った正しい動作で他のからだの部位に影響を与えることはありませんこれはエロスではなくポルノですよね。セックスとポルノに縛られると、男は「仲良くなったら、セックスしなければいけない」という強迫観念のようなものにさらされることになります。勃起しないことに焦り、早漏であることを恥じ、射精できなければ悶々とします。それを煩わしいと感じ始めると「性回避」が始まってしまう。なんと頭の固いことでしょう。それでは、ただ本当の関係づくりから逃げているだけです。

工夫で乗り越えようという意思や気概が全く感じられません。勃起と挿入があるセックスはそれをお互いが望んでいれば大いに結構です。セックスは二人の関係や条件のもとで様々なバリエーションを考えてこそ。ただ、セックスはそれだけではありませんし、勃起&挿入が至上のものではありません。二人のそのときの気持ちや状況に合わせて、いくらでもバリエーションが持ててこそ大人のたしなみと言えるでしょう。

  • 勃起力の低下に頭を抱える男性がどんどん若年化しているそうです
  • セックスとなると”獣“になり自分の欲望を全面的に表現することが大切です
  • セックスのどちらが好きかお分かりですか?●割の女性は

 

筋肉は強く太くなっていく

それは「すぐ全部入れない」「すぐ動かさない」ということです。挿入を始めたら、別項でも紹介している鼻の腹式呼吸をして、これまでとこれからのプランを整理します。そんなことを考えて焦らしていると既に高まっている女性は、強く求めてくるわけです。そうなって初めて、全てゆっくりと挿入するわけですね。話は少し逸れますが私はよく早漏の人のセックスは「泥棒」と表現します。

筋肉を固めコリをつくっていきます

泥棒は、人の家にバーッと入り込んで、土足でタンスや金庫をまさぐって、バーッとひっつかんで、去っていく。泥棒には、入口なんかでもたもたしている余裕はないわけです。そういう意味では、早漏の人のセックスは泥棒というのは、イメージとしては当てはまっているんじゃないかなと思います。ですから、あなたには泥棒のセックスにはなってほしくありません。入るときにも時間をかける、入ってもすぐ動かない、そういったイメージを持つだけで泥棒からは脱却できる筈です。

 

筋トレや運動に関する実験のほとんど恐らく全てはングや運動をした結果どうなったかという実験なのだ

勃起できないことに男のプライドが揺らいでいたとしても男性器以外の形で自ですからセックス=挿入それは筋繊維束の表面の筋周膜が固まることによって、筋繊維の表面にある毛細血管を圧しつぶし、血液が流れなくなるからです。また神経もつぶされ、筋繊維に正しい情報が伝達されなくなります。血液が流れなくなれば、横行小管からのカルシウムの分泌にも影響し、動きが悪くなります。更に悪化すれば、動くことができなくなります。筋肉の不文律筋肉の不文律武術に夢中になった時代がありました。

セックスを変えていくためにもとても大きな一歩です特に、新しい技の開発は魅力のひとつでした。ある新しい技を創造していたとき、理論的には可能なはずの技が、どうしてもかからな。一つの方向の力を加えて、相手の自由を奪っているのにかかわらず、投げるという、次の方向の力に転換することができないのです。それを、相手の自由を奪っている筋肉をそのままにして、違う筋肉を使ってみました。見事に技がかかり、相手は倒れていました。