Press "Enter" to skip to content

工事を依頼しているのかがより明確になることは

不動産という会社が五○㎡前後のほぼ同じ広さの物件について試算した数字によると

工事というのは吉田今のお話は、正当事由借地というのがありまして、平成期日以前に借地契約した土地は、貸しても返ってこない借地になってしまった。これが戦後50年、続いてきているものです。から、皆さん、そういう種の先入観があって、そのように考えてしまうのだろうと思います。例えば、お金を貸したら返ってくるのでしょうか、といった時に法律的には必ず返ってくるはずなんです。ところが、お金を持っていないという人には強制執行をしても返ってこない。こういう事実上の問題がある。家にこだわってくれる方が出てくれば腕の振るいようがある家やハウスメーカー

家具の中に収納されている物が飛散する可能性があり

家を建て替えるときに出る廃材はどのように処理されるかご存じでしょうか、建築廃材は

では、定期借地の場合どうなのかと。法律上は、必ず、期間満了で返ってくる。返さないと言ったら、強制執行で、建物明渡し、土地明渡し訴訟で返させます。その時に、事実上どうなのかと。定期借地権の普及の頃、平成5、6年の頃もいっぱいセミナーをやりましたが、でも高齢者の方がお住まいになっていたら返ってこないのではないか、と。まったく誤解でして、現実問題、世の中に高こんなことは、という感じになってしまいます。

家具の配置など

「居間派」と「茶の間派」の違いは、居間は起居様式として椅子座、茶の間は在来の床座の場であるということとともに、居間は団欒専用の場であるのに対し、茶の間は文字通り食事兼団欒の場であったことである。それは、茶の間派のほうがより現実的な提案であり、住まいそのものを洋風につくり替えなくとも、部屋の位置だけを取り替えるだけで実現できる手軽な方法であったともいえる。そのような観点で当時の間取りを見てみると、部屋の構成はかつての座敷·次の間という二間続きの部屋を南側に配していても、次の間部分が客間の控えの間ではなく、家族の使用する茶の間として使用されているものが散見できる「図22」。それに伴い、次の間の位置の茶の間は、台所と密接に繫がりはじめ、文字通り、家族の日常生活の場に変化していくことになる。一九三○年代になると、洋風熱も少し収まり、伝統的な住まいのよさも再評価される。

間取りの中で重視する動きはどのように始まったのであろうか

そうした動きの中で、茶の間派は確実に定着していたのである。それは、洋風生活の浸透という意味では後退現象であったが、家族本位の生活は確実に浸透していたことを意味する。最小限の住まいの中のアイデア戦後の住まいづくりにおいても、居間·茶の間はその部屋としての姿は洋室と和室というように異なっていても、家族団欒のための場としてその地位を確実なものにしていた。特に、戦後の民主化の動きは、住まいにおける家族団欒の場の必要性を促した。そして、戦後わが国に持ち込まれたさまざまなアメリカ文化がその手本として注目された。
部屋のレイアウトの場合

部屋の大きさや

子供だって、小さいうちはいっしょにもぐり込んで寝ればいいだけのことだと私は思います。一緒に寝ることもできるけれども、敢えて個別に寝る、それが新しい個人主義的夫婦関係のイメージだと私は思っています。それにくらべて、子ども部屋なんてのは、ほとんど必要のない空間です。子どもが思春期になるまでは、まず夫婦のために二部屋を確保するようにしたい、そうあってしかるべきだと思います。子供部屋はいらないかつて宮脇檀さんがいみじくも指摘されたように、子供部屋は子供が小さいうちは必要ないと思います。

工事の見積書では

ただし、小学校高学年ぐらいになったら、造ってもいいけれど、所詮あまり役に立つものではありません。子供部屋を造ることには功罪があって、もちろん功としてはプライバシーを与えられるということがある。また子供の友達が来たら、そこで遊んでもらえば、他の部屋に被害が及ばないということもある。反面、子供が部屋に閉じこもってしまうという弊害をも生みだしかねない。しかし、酉洋社会のように、何百年と個人主義を貫いてきた国では、子供は生まれたときから一人のベッドで寝かせて、添い寝ということをしません。