Press "Enter" to skip to content

マンションの財政としてはをし

家具や雑貨などが互いになじまず

家や金融機関などにしっかりと聞きましょう
施主の思いやこだわりを尊重して、施主に合わせた家づくりをしてくれる業者を基準に準ではないでしょうか。施主主体の家づくりとは、住宅会社と一緒に考えて、悩んで、楽しんで···まるで「我が家」の様な家づくりをしてくれるパートナーと共同して進める事だと思います。TAóのも一つの基自分と似ている。「見学会や勉強会などに積極的に参加しているけれど、どうしたらいいのか?何をしたらいいのか?良く分からない。」こんな声を聞く事があります。

部屋を二階の間二階の間
家づくりを考え始めた方が「何となく合わなかった。」「雰囲気が合わない。」と言われます。言葉には出来ないけれど、理由は分からないけれど、何となくモヤモヤとした感覚····。それは、たぶん正解だと思います。「相性が合わない」「相性が大切」と言われます。では、この相性って何でしょうね?

家を建てるなら

どちらが多いかというと後者の方が多いようです。竣工引渡しを現場代理人のみで行う、というケースはさすがにありませんね。「今後のアフターケアについては会社を上げて一丸となつて行います。のでよろしくお願いします。」という気概をアピールするためにトップクラスや営業担当者やアフター担当者が参加されているのでしょう。それぞれの会社のお考えもあると思います。

修繕積立金が不足すると言う事態も招きかねませんまた工事監理を担当している立場から見ます。と、管理組合とのおつきあいを施工会社側がどのように考えているのかによる差が出ているのではないかと思います。ところで、貴社では、マンション大規模工事の施工会社ヒアリングの時はどのようにしています。管理組合側の要請があってもなくても、営業担当だけではなく、現場代理人候補者を同行されているのではないでしょうか。それも、ヒアリングの時間に間に合うように連れていく、というだけではなく、早めに現場に連れて行ったり、そのマンションに関するブリーフィングをおこなったりして、説明や質疑回答の担当も決めて望まれているのではないでしょうか。それはそうした形を管理組合が望んでいるからです。

家を持つことだけではなく自分だけの

役員6名中5名が車の所有者で、全員マンションの駐車場を毎月3万5千円で借りていました。そこで理事会が、組合員へのアンケートもとらずに、自分達に都合の良い資料を集め、駐車場代を1万円値下げする議題を管理組合総会に諮りました管理組合総会に出席した私はこのお手盛りの議案に猛然と反対しました。もし、1万円の値下げが実行されると、管理組合の毎月の収入が14台分の14万円減ります。それは年間で168万円になり、10年間で1680万円となります。この金額は、修繕積立金にも大きな影響を与えます。

部屋にエアコンやテレビ

これに気づいた他の組合員も私の反対案を支持し、駐車場代値下げ案は却下されました。もし駐車場会計を別会計にしていたら、この案は通ったでしょう。なぜなら新しく建ったマンションでは最初の頃は駐車場収入がどんどん貯まっていくからです。マンションLC1も最初の頃は、駐車場は満車状態でウエイティングが出るほどでした。しかし、その後マイカー所有者が年々減少し、現在では14台の駐車スペースに対し、9台しか駐車しておらず、空きスペースが問題となっています。

      部屋着の話の中で
      マンション価格も上がってきたのである
      施工したらどのような建物になるのかをたくさん経験されてきたことでしょう